はがき 深く忍恋

はがき 深く忍恋

¥825 税込

送料についてはこちら

喜多川歌麿『深く忍恋』より 浮世絵師・喜多川歌麿が、女の恋心を描いた「歌撰恋之部」のうちの1枚。歌麿が得意とした、人物を大写しで描く〝大首絵(おおくびえ)〟の代表作のシリーズです。頂が丸髷(まるまげ)に結いあげられ、煙管を持つ成熟した女性が描かれています。 [はがき]越前和紙 [貼り絵]越前和紙 サイズ/100×148mm/日本製 越前和紙をベースに、鮮やかな各色の和紙でニッポンの文化を描きます。第一弾のテーマは『浮世絵』です。 「はがき」は「はしがき」=「端・書き」から派生した言葉で、もとは紙片等に書き付けた覚え書き、メモ等を書き付けた紙片等を意味したようです。